7月、障害飛越競技界の熱い視線は、CHIO アーヘン世界馬術競技大会が開催されるドイツ西部へと注がれる。1999年よりロレックスがスポンサーを務めているこの大会は、10日間の開催期間中に36万人以上の馬術ファンが訪れる。これは数ある馬術大会の中で最高の来場者数を誇る。CHIO アーヘンは、5つの競技で構成されている。ロレックスグランプリであり、1年の中で2番目に行われるロレックス グランドスラム障害馬術大会であるこのイベントで重要な点は、ロレックス テスティモニーのロドリゴ・ぺッソア、ヨルン・デュベルダム、メレディス・ミハエル・ビアバウム、エリック・ラマーズ、スコット・ブラッシュを含む卓越した騎手たちが勝利しているということだ。

資料一覧

画像一覧